AQUA WORLD 3

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Eco System 2

Eco Systemの経過です。


肉眼で確認できるヨコエビは4.5匹くらいでしょうか?

経過をみて手を加えていきます。

海藻の増殖率がすごいです。

太陽光ブレンドの威力でしょう!

現在21WタイプのLEDなんですが、このサンプの大きさなら

9W程度のLEDで十分いけそうです。

ただ防水されていないので注意が必要ですが・・・。


ECO3  



前回の記事画像と比べて下さい。

2週間でご覧の通りです。

シアバクがすごいでしょう~~♪

シアノバクテリアだっていい仕事するのです。

  
 
ECO2



ちなみに海藻は、ホソジュズモと海ぶどうです。

ホソジュズモの方が成長は早いです。
 
サンプ底にデトリタスも少々ありますが

特にシステムの初期段階は、あった方が好ましと思います。

なぜでしょう?

デトリタスを採集して顕微鏡で覗いてみてください。
スポンサーサイト

| Eco System | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Eco System 始動

600×450の魚水槽ですが

なんか調子がイマイチでした。

そこで殺菌灯QL-40を設置


QL-40 


先端のキャップ部分がバ-ジョンアップされてました。

以前はゴム製だったのが


旧フタ 



ねじ式に変更されたのです。

QL-40-2 


これで玉交換スム-ズにできます。

そして

Eco System 
の準備

ちょっとアクリルでブックスタンドみたいな仕切りを作成!
 



マッドを100円ショップの箱に入れます。

注意(マッドの厚みは3.5cmにしましょう!)


このように箱に入れておくと交換も楽ですからね!

ライトは贅沢にも太陽光ブレンドLEDを試してみます。

海藻もグングン成長してくれるはずです。

後はメインポンプにゴミが入らないように

ドライボ-ルを浮かべれば

じゃぁ~~ん

ECO2 



Eco System 完成で~~す。

これでばっちり安定して魚も飼えるはずです^^



| Eco System | 13:19 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

EcoSystemのバランス

    
   
ここ2~3ヶ月茶コケがすごい

原因はわかりません.まずは栄養塩を調査する。


リン酸測定 クリックで拡大よ~~ん



リン酸(試薬エロス)0ppm


硝酸塩測定



硝酸塩(試薬レッドシ-)oppm

   
   


KH 6 (試薬エロス)


KHも低いしなぁ~~ 数値的には問題なさそう!

あとは思い当たるのはEco層の蛍光灯は2つありますが1つ玉が切れて放置してました。

すると海藻(海ぶどう)が段々と無くなってるのですよ。

たぶん茶コケの方が先に栄養を吸収してるのかなあ!

球交換せなアカンなぁ~~。

これで海ぶどうが育ち出すと茶コケの勢力は落ちるはずと推測・・・・。

あとはカルシウムというか石灰層が育つような状態・・・・・??

こんな時って茶コケって出にくいのように思います。(栄養塩が低いからか?)

チビ貝もおらんし、シッタカもどっか行ってしもた。

なんで??

何かが違う?

あとは見直すとすればワラワラかなぁ!

「ビオアクア」この前、買うの忘れたんだよなぁ~

{コケ対策としてのまとめ}
    


●エコ層の蛍光灯を交換する
●横海老屋さんでワラワラを追加する、ビオアクアを試してみる
●リアクタ-を調整する
●照明(メタハラ)を一時的に消す
●シッタカなどの生物兵器を投入する
●コケをまめに掃除する(海藻が元気になるまで)
●カルクワッサ-を行う。
●天然海水を入れる
●ライブサンドを少し足す(CPファ-ム産に限る)
●バクテリアを追加する
●殺菌灯の球を交換する
 
 
 以下を実施しながら後は状態によって直感力で判断かなぁ~
  
   
   
   

| Eco System | 00:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

EcoSystemで長生きできる?(シマちゃん編)

   
私がEcoSystemを選んだ理由のひとつに「ベントラを上手に飼いたい」が始まりでした。 

クリックで拡大してねん~~

フレンブリとベントラリス IMG_5574.jpg   ベントラリストリオ

今は亡きベントラリス、このピンクがたまらない!(いつか10匹入れてやる~~)
写真右3匹中一番おおきくてきれいなのがオスである。オスが亡くなると1週間も経たないうちにメスがオスに性転換するという。自然はよくできてる。
そんな経験してみたい
「あっ!もちろん私が女になりたいと言うことではありませんよ^^;飼育経験のことね!」


リフジウムをプラスできたらきっと長生きしてくれるのではと思ったからでした。昨年私のミスで亡くした貴重なトンガベントラもEcoSystemの力と思えますが長生きしてくれていました。

( マリンアクアリスト53号 でも紹介されているわよ!ヨッシ-も家族登場)

MA53号

     
今回はシマヤッコですが 今年の2月2日 に家族になって、かれこれ4ヶ月経過しましたが未だ人口餌を食べていません。
冷凍プラインもあげていません。
コペもあげていません。
ですが痩せてはいないのです。
これってどういうことでしょうか?
普通なら1ヶ月くらいで★になるか、生存できてもかなり痩せてくるように思いますが・・・。
     
● 小さなヤッコがシマだけですから狭いLRの裏や隙間に付着する微生物を食べている?
● 夜間ワラワラの繁殖がすごい?
● マッドの効果?ミネラル豊富だから?
● 水槽が1500と大きいから?
● コンスピやブラバンの糞を食べている?
● 珊瑚のポリプを食べちゃってる?

   
EcoSystemだからかどうかはシマちゃんに聞いてみないとわかりませんが長生きしてくれているのがうれしいじゃありませんか!ベントラにシマ、私の水槽では人工的な餌なしで4ヶ月もつと言うことは実証されました。EcoSystemには長生きさせる何か秘密があるのか?



ボルクスジャパンさんのGrassy LeDio 27 (Reef White)導入。
やどかり屋さん に一生拝めないかもしれない、めずらしい生体リュウグウノツカイ(テンガイハタ)幼魚入荷!すごいです。
テレビなどで見た方もおられると思いますが、深海魚でかなりデカくなる生き物です。
たまたま土曜日に入荷したばかりの現物をこの目で見ることができました。かなりラッキ-な日と言えるでしょう


| Eco System | 12:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

硝酸塩

前回の記事で書いたように今回底砂を追加しました。追加した理由は硝酸塩がどうしても20ppmくらいになるからです。何時頃から高くなったのでしょうかねぇ~~1年前のハネモ対策位から上昇したように記憶しています。水換え1週間に100Lで20ppm以上にはなりませんがミドリイシを状態よくするには20ppmは高すぎますのでねぇ。

オシャンダイレクト


追加したのはこれオシャンダイレクトです。9.07kgを4つ追加しました。これで底砂の厚みは5cmになりました。少々高くつきますが取り急ぎ安定させたい場合はバクテリア付きを好んで使っています。24時間ほどで魚も戻しましたが問題ありませんでした。これを4つも入れるとなるとアクなどが多くありまりますので、すべて生体は取り出さなければなりませんでしたが、こんな悲劇が待っていようとは夢にも思いませんでしたね。CPファ-ムのアラゴナイトならそのまま追加できたんですがねぇ~~
それに、この底砂に描かれたニシキとベントラが泣けてきますよ・・・・・。トホホホ(/_・)


20ppmほどあった水槽は1週間ほどで0ppmとなりました。

その後少し20ppmに浸かりきってるライブロックを戻すと5ppmほどに上昇、少しすつ様子をみてライブロックを戻していきます。

落ち込んでばかりしませんよ~~ヨッシ-ファイティン!(韓国風)



 

| Eco System | 20:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。